タイトルの画像 * タイトルの画像
日本企業台湾進出支援-JAPNDESK
トップ 活動内容 投資通信 Q&A 法令 工業団地 主要産業 経済指標 参考資料 リンク集

*
:::
--------------お知らせ--------------

2016年台湾国際太陽光発電見本市
(PV Taiwan 2016)
 2016年10月12日〜10月14日---(2016/07/27)


台湾投資セミナー(2016年7月26日(火))開催のお知らせ
 ---(2016/07/06)
*台湾経済部副大臣を団長とする訪日団が、東京を訪れセミナーを開催いたします。台湾の投資環境、日台租税協定の概要、新政権の新重点産業計画、台湾の県・市政府の重大経済建設計画などについてもご紹介します。


2016年国際半導体展(Semicon Taiwan 2016)
 2016年9月7日〜9月9日
---(2016/06/28)

2016年台北コンピューターアプリケーション見本市
(台北電脳応用展 2016)
 2016年7月28日〜8月1日
---(2016/05/30)<


「在台日系企業の事業動向及び課題に関する
アンケート調査(2013)」結果
----(2013/10/31)


参考資料の内容更新----------(2014/06)

Q&A法令の内容更新----------(2013/03)

日台ビジネスアライアンス報告書
---(2011/12)
法令の内容更新----------(2011/03)

投資通信250号PDFデータ---------(2016/06
台湾マクロ経済指標更新---------(2016/06


2004年1月〜2016年7月までの更新履歴情報>>


ジャパンデスクは日本企業の台湾進出をサポートする窓口として、1995年7月に台湾政府経済部(経済産業省に相当)により設立されました。

ジャパンデスクは台湾経済部、政府関連機関、主要工業会及び野村総合研究所(台湾)とが一体となり、台湾進出を検討している日本企業、及び既に台湾に進出している日系企業に、幅広いサポート活動を行っています。

ジャパンデスクでは設立以来、毎年200社を超える日本企業及び在台湾日系企業からの、台湾進出に関する様々なご相談にお応えしています。

ご利用にあたって
(1) 「ジャパンデスク」へご相談いただいた内容につきましては、厳重に機密管理が行われています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

(2) 「ジャパンデスク」ホームページに記載された内容(文章、写真、イラストなど)を、別途転載等の方法でご利用になられる場合は、ジャパンデスクまでメールにてお問い合わせください。
(3)

リンクのご希望やご意見等も、メールにてジャパンデスクまでお知らせ下さい。


※個別案件のご相談につきましては、上記ジャパンデスク専用Eメール、もしくは野村総合研究所(台湾)宛てにお願い致します。


経済部投資業務処

投資台湾入口網

A +優先度レベル Web アクセシビリティ テストを通じて

*
【活動内容】
JAPAN DESK活動内容のご紹介
【投資通信】
月刊投資通信WEB速報版
【台湾進出Q&A】
台湾進出に関する質問事項と回答
【各種法令】
台湾進出時の注意すべき法令等
【工業団地】
工業団地のご紹介
【主要産業】
台湾の主要産業の概況
【経済指標】
台湾最新経済指標
【参考資料】
関連参考資料
【リンク集】
台湾進出/ビジネス関連リンク集

*

ジャパンデスクでご提供するサービスは全て無料です。
お気軽にお問い合わせください。

*

◆ジャパンデスク連絡窓口◆
JAPANDESK専用E-Mail: japandesk@nri.co.jp

*

◆野村総合研究所(台湾)
台北市敦化北路168号10F‐F室
TEL:001-886-2-2718-7620*FAX:001-886-2-2718-7621
担当: 平山(Ext.135) 洪(Ext.121) 目片(Ext.132)


◆野村総合研究所
*経営コンサルティング部::
〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
TEL:03-5533-2709(直通)
*FAX:03-5533-2724
担当:杉本洋



◆経済部投資業務処
台北市館前路71号8F
TEL:001-886-2-2389-2111*FAX:001-886-2-2382-0497
担当:易(Ext.221)


*
このホームページに掲載している個々の情報(文章、写真、イラストなど)は、著作権の対象となっています。また、ホームページ全体も編集著作物として著作権の対象となっており、ともに著作権法により保護されています。「私的使用のための複製」や「引用」など著作権法上認められた場合を除き、無断で複製・転用することはできません。